ふるさと学習の成果を発表

2018年11月21日

s-CIMG8822.jpgs-CIMG8848.jpgs-CIMG8849.jpgs-CIMG8850.jpgs-CIMG8851.jpgs-CIMG8853.jpgs-CIMG8856.jpgs-CIMG8859.jpgs-CIMG8864.jpgs-CIMG8868.jpg保護者参観日に、ふるさと学習(総合的な学習の時間など)の成果を保護者にみてもらいました。(11月19日)

 

 

<公開内容>

 

1年生 「くじらぐも」(国語)の役割演技とあきのおもちゃ(生活科)

 

2年生 かけ算(算数)

 

3年生 梅とお茶(地域の産業)

 

4年生 「お年寄りと仲よくなるには」(福祉活動)

 

5年生 「桜の苗を育てるには」(環境・自然学習)

 

6年生 願成寺古墳(地域の歴史)

(保護者の声)

「1年生のころ、少ない人数で合唱ができるのかと思っていました。6年生になって、一人一人がよく声を出して、こんなに素敵な合唱ができるようになり、すごい成長を感じました。中学校でも十分に通用しますよ。」「プレゼンソフトを使った発表に驚きました。説明を聞いて、地元にある古墳について改めてよくわかりました。」

 

 

また、親子活動として、「サイエンスショー」をいっしょに見ました。ステージ上で、児童や大人が皿回しをするなど、遠心力を体験するコーナーがあり、楽しく学習しました。