なぞなぞは脳トレになる!~福祉施設訪問

2020年2月14日

 

CIMG0643.jpgCIMG0642.jpgCIMG0641.jpgCIMG0639.jpgCIMG0638.jpgCIMG0637.jpgCIMG0633.jpgCIMG0632.jpgCIMG0630.jpg4年生児童が近隣の福祉施設を訪問し、おじいさん・おばあさんと交流しました。今年度5回目の訪問でした。(2月14日)

 

4つのチームに分かれて、4つのテーブルごとに、遊びました。

 

〇なぞなぞ(自作) 〇かるた(手作り) 〇人生ゲーム(手作り)

 

〇なぞなぞ(自作)

 

 例)あついと溶けてしまうダルマは、な~に?  逆立ちしても名前が変わらない鳥は、な~に?

 

〇かるた(手作りの句とかるた)

 

例)「お」は、お茶のおいしい池田町

 

〇人生ゲーム(手作りのすごろく)

 

 例)ラーメンをつくりました。→1000円払う。

 

(児童の感想)「おじいさん、おばあさんと楽しく遊べてよかったです。」「笑いがいっぱいあり、喜んでもらえてうれしかったです。また、行きたいです。」「『よく考えてあるね~』『これ作ったの?すごいね~』と言ってもらえてうれしかったです。」「いつもすわっている人が立ち上がったり、おとなしい人が手を伸ばしたりして、元気になったと言われました。なぞなぞは脳トレになると言われました。」「『耳が遠いで大きい声で言って』と言われたので、大きい声ではっきり言いました」「みんなニコニコして、緊張しなくなりました。何回も来られてよかったです。」