「ありがとう」がいっぱい!「6年生を送る会」

2020年2月20日

 

DSCN9045.jpgDSCN9051.jpgDSCN9048.jpgDSCN9049.jpgDSCN9053.jpgCIMG0675.jpgCIMG0670.jpgCIMG0669.jpgCIMG0663.jpgCIMG0662.jpgs-DSCF4508.jpgDSCN9060.jpgDSCN9055.jpgs-DSCF4507.jpgs-DSCF4504.jpgDSCN9061.jpg

 みだしの会を2月20日に開催しました。「ありがとう」がいっぱいの、温かい会になりました。発表を通して、1~5年生の子たちから6年生への感謝の気持ちがよく伝わりました。また、6年生の子から1~5年生への励まし・大切に思う気持ちが伝わりました。宮地小学校のよいところ・大事にしてきたことがわかりました。地域の皆様、保護者の皆様には、子どもたちの成長した姿をみていただけたと思います。ご参会ありがとうございました。

この会の企画・準備・運営を、5年生4年生が中心になって行いました。次年度に向けて、高学年の自覚が芽生えた行動を、頼もしく思います。

 

★6年生から在校生への引き継ぎ~私たちが大切にしてきたこと【伝統】

 

 ◎愛校当番(落ち葉はき等) ◎安全な登下校  ニコニコ班活動  ◎委員会(みんなで意見を出し合う)「なかよしかけはし宣言」◎「光の木」(よいことみつけ)

 

 

 

 

 

 

 

★学校評議員より次のような感想を聞かせていただき、うれしく思いました。

 

「1年間の集大成、『見る』『聞く』『話す』姿に落ち着きがあり、安心して見られました。」「下級生から上級生への『ありがとう』の言葉に感動しました。」「『○○さん、ありがとう』と、一人一人のよさが語られるなど、小規模校のメリットを感じました。」「伝統の引継、『やりぬく心を大切に』など6年生からのメッセージから、自信と誇りが伝わってきました。」「民生児童委員会で、他校区の方から『宮地のあいさつはすばらしい』と言われる。地域でも小・中学生のあいさつがよい。」「ここ数年間に保育園を卒園した子たちの成長がステージ発表でよくわかり、感激しました。『聞く』『見る』『話す』『歌う』『演ずる』は、保育園でも大切にしています。それが小学校でも大切に引き継いで教育されていてよい。」「宮地小ウェブページの情報発信がよい。」「来年度から、制度が『学校評議員の会』から『コミュニティスクール』に移行しますが、学校と地域・保護者の距離が近いよさを生かしたい。」